鳥取県(鳥取市・米子市)と岡山県(岡山市)に調剤薬局を展開している、池田薬局&ケイ・アイ堂薬局&サンライズ薬局のホームページです。

在宅医療への取り組み

セルフメディケーションってなに

在宅医療

高齢社会への進展、それに伴う疾病構造の変化、要介護老人等の増加や重度化が進み、その多くの方はできるだけ地域・家庭で生活を送ることを望んでいます。
その患者さんやご家族のニーズに応えるべく必要な在宅医療体制の整備については、現状は必ずしも十分であるとは言えません。

セルフメディケーションってなに

 

その中で薬局,薬剤師が在宅に関わることで、日常生活における医薬品と健康の管理の充実を図ることが必要とされています。
医師や看護師・ケアマネージャーなどと連携し、高齢者のサポートやご家族の生活の質の向上の為に取り組んで行きます。

 

在宅薬剤管理業務

医師の管理のもと薬剤師が患者宅を訪問して薬学的管理指導を行う際の流れとしては、

 1)薬剤師が「薬学的管理計画」を策定し、
 2)薬剤師が患者さんの家庭を訪問して、薬剤服用歴簿の管理,服薬指導,薬剤服用状況
       及び薬剤保管状況などの薬学的管理指導を行う。
 3)指示を行った医師に対して訪問結果について必要な情報提供を文書で行う。

となります。また介護保険においても薬剤師による在宅業務が「居宅療養管理指導」として認められています。
在宅薬剤管理業務

在宅医療と薬剤師

在宅医療が推進される中で、薬剤師に今後求められてくるものには、次のような事項があると考えられています。

1)療養状態に合わせた服薬指導
2)薬の保管状況の確認・服薬状況の確認
3)服薬支援(直接服薬確認の実施を含む)や栄養管理支援
4)副作用・相互作用発現のチェック:バイタルサインの確認
5)重複処方や併用薬のチェック
6)介護者への医薬品に関する助言,介護用品の販売・配達など

薬剤師に今後必要となってくること

これらの事柄について薬学観点から患者さんに起こりうる問題点を見つけ出し、医師・看護師をはじめ,ヘルパー,理学療法士など様々な職種と情報を共有し連携を取りながら、問題を解決して行くことが求められているのです。

病院と薬局と患者の関係