鳥取県(鳥取市・米子市)と岡山県(岡山市)に調剤薬局を展開している、池田薬局&ケイ・アイ堂薬局&サンライズ薬局のホームページです。

医師の処方せんのレビュー

処方せんのレビュー

医師によって書かれた処方せんの内容を薬剤師としてクロスチェック
(異なる職種による確認)を行います。
これは“To error is human” という言葉があり、
人は間違えることから逃れられないという考えを元に、
医療における間違いを限りなくゼロにするために行われる手法です。
また時には、医師の要請により医薬品に関する情報収集や
処方に関する提案も行います。

 

 

薬剤調製

安心の調剤薬局

医薬品の調剤に当たっても、薬物療法や医薬品の多種多様化と高度化に伴い、単純な錠剤やカプセル剤のピッキング(計数調剤)や散剤・水剤の計量調剤だけではなく、患者さんの心身の特性に応じて、一包化(服用時点ごとに医薬品をまとめる)や粉砕(固形物を砕いて容易に服用しやすい形とする)を行うことも多くなっています。
この際にも医薬品の製剤的特徴や患者さんの身体機能等を考慮して、最良の医薬品選択や医師への情報のフィードバックに努めています。
最近では、クリーンベンチや安全キャビネットを整備し、在宅で使用される注射剤や高カロリー輸液の混合を行う薬局も増えています。

 

 

薬剤交付

安心の調剤薬局

薬物の使用に当たってはその適切な使用が重要であり、医師の意図と異なる服用方法を行った場合には薬効が過剰あるいは不十分となり、病態を悪化させる可能性があります。
薬剤師はこのようなケースを前もって防ぐために患者さんに処方された医薬品の薬効と服薬方法、服薬の意義について分かりやすい言葉で説明し、医薬品の相互作用や重複投薬、副作用の発現の有無等を確認するとともに薬物療法に対する理解を深めてもらえるよう服薬指導・服薬支援を行います。

 

 

保険調剤の流れ

Ⅰ.受付

処方せん受付

患者さんから処方せんをお預かりします。
処方せんに記載されている交付年月日、保険番号などの基本的な情報について確認を行います。
この際、必要に応じて患者さんに保険証の提示を求め、確認させて頂く場合もあります。

 

Ⅱ.情報の収集

処方箋レビュー

患者さんの状態は毎日変化しています。お薬の調剤を行う前に、現在の体調や他に服用されている医薬品の内容、副作用が疑われる症状が出ていないかどうか等、情報を収集致します。
初めて来局された方には、問診票にご記入いただき、薬剤服用歴簿の作成に活用致します。
また、ジェネリック医薬品での調剤の希望などについてもお伺い致します。

 

Ⅲ.処方内容の監査

処方内容の監査

患者さんよりお伺いした情報を基に、処方せんに記載された内容が妥当かどうか、薬剤師が一つ一つチェックを行います。その際、薬剤服用歴簿の記録に集められているアレルギー歴,副作用歴,併用薬の情報などとも照らし合わせながら、再度確認を行います。

 

Ⅳ.疑義照会

疑義照会

処方内容に問題があると薬剤師が判断した場合は、処方せんを発行した医師に電話やFAXで連絡を取り、処方された医薬品や記載内容の確認、処方変更の提案などを医師と協議し、患者さんに安全に服用して頂ける処方内容かどうか確認・修正を行います。

 

Ⅴ.医薬品の調製

医薬品の調製

安全であると確認できた処方せんに基いて、錠剤、カプセル剤、散剤、水剤、軟膏などの医薬品を調合致します。
その際、PTPヒート全自動薬剤払出機や散剤鑑査システム、全自動錠剤分包機などの機器を活用し、調剤ミスの防止と作業の効率化を図っています。

 

Ⅵ.最終監査

最終監査

処方せんと調整された医薬品を再度照合し、医薬品の名称,規格,数量などに間違いがないかチェックします。
その際、電子薬剤服用歴簿による相互作用や禁忌薬のデータも参照します。
医薬品を調製した薬剤師とは別の薬剤師が監査を行うことでダブルチェックとなり、調剤ミスの防止を行っています。

 

Ⅶ.服薬指導・服薬支援

服薬指導・服薬支援

患者さんの服薬や薬物療法に関する不安や疑問などを薬剤師の知識や経験を生かして解消して行きます。
また服薬により生じる可能性のある問題を予め伝え、対応を患者さんと一緒に考えて行きます。
患者さんの日常生活の中で生かせる健康管理や医薬品情報などに関するアドバイスを心掛けています。
お薬手帳をお渡しし、患者さん自身が医薬品の情報管理を行う支援なども行います。

 

Ⅷ.薬剤服用歴簿の管理

薬剤服用歴簿の管理

患者さんから得られた情報や実際に行った服薬指導・服薬支援の内容を電子薬剤服用歴簿に保管・管理しています。
これらの内容は患者さん毎の薬物治療の流れを薬剤師が把握することに使用し、次回以降の処方監査や服薬指導などの際に活用致します。

 

Ⅸ.会計

会計

定められた調剤報酬算定方法により、医薬品に関する費用,調剤に関する費用,情報提供などに関する費用より計算致します。
また明細書もお渡ししておりますので、ご自身で費用の確認や処方薬剤内容の管理等も行っていただけます。
患者さんにとって費用などに不明な点がある場合には、計算方法や算定理由の説明を致します。